諦めない事の大切さ

先日全国春高バレーの沖縄代表決定戦が行われましたね(^^) YOUTUBEやInstagramなどで観戦した人も多いんじゃないでしょうか?

春高バレー本戦は高校生バレーボーラーなら皆憧れを持っている舞台で、目指している大きな目標の一つになるんじゃないでしょうか(^^ 

ただ、この大会前は大切な大会だけにその激しい練習量やプレッシャーからか、とてもケガが多くなる時期でもあるんです汗

そして僕がサポートしてる首里高校の女子バレー部の花城みつば(みーつー)もその一人なのですが、彼女は厳しいケガから見事に復帰して、大会出場を果たして素晴らしい活躍をした選手なんです(*^^)v

首里高校は7月に全国大会があり、その大会に向けての練習中に右肘内側側副靭帯の断裂を起こしてしまい、毎日頑張って治療とリハビリを行って、何とか間に合って安心して試合に送り出したのですが。。。

まさかの試合開始10分で左足関節外果骨挫傷、右足関節外側靭帯損傷を同時に損傷して退場という事態に見舞われてしまいました泣(1試合で同時両足関節損傷なんて自分初めて見たけど笑)

しかも左足関節には内側に関節遊離体(いわゆる関節ねずみ)まで見つかって、春高予選復帰がかなり危ぶまれる状況でした(>_<)

当日の写真をみるとめっちゃ胸が痛くなる。。 何してんのさ~!!って思いましたよ((T_T)/~~~泣

そしてこの日から短くも太くて密度の濃ゆい治療の毎日でした笑 

どう治していこうか正直悩みましたが(両足だから)。最初の数か月は損傷の強い側をずっとひたすらオステオトロンで骨への治療を優先、スポーツ鍼灸治療とお灸を併用して回復後、中期~後期はリハビリを集中的に行っていきました。

本当に毎日頑張ってくれました! 出場は厳しいと言われたケガも本当に良くなっていき、無事に春高予選出場、そしてなんと優勝して見事春高本戦出場の切符を手にしました。

ドクターストップもかかり、春高も受験も控えて精神的にとってもキツイ状況に置かれていましたが、あきらめずにじっと辛抱して治療や大学面接練習など自分に出来ることを最大限やり切った結果だと思う。 

みーつーの活躍が新聞に取り上げられていたのを見た時もう感無量でしたね。。。

本当に素直で格好良い子笑笑

しかもこの状況でも大学合格までしっかり決めてくれたのはマジで本当に嬉しかった笑笑 

そして恐れ多くもメダルかけさせて頂きました(^^)/    噛んではないよ笑

置かれた状況が悪くなっても流れは必ずやってくると信じて諦めずに、「今」を集中する事の大事さをこの子から学びましたね。  

これって社会で生きる大人になってからはホントに大事な事で、当たり前のようでとっても忍耐がいる上に難しい事、そして中々できる事では無いと自分は思う(>_<) 

この経験がみーつーの引退後の長い人生で活きてくれると嬉しいな(*^^)

さぁ今度は1月まで絶対にケガをしないようにして、最高のコンディションで本戦に臨めるように頑張ってもらおうと思います!

みーつー本当におめでとう!!!

最後に仲良しのユウヘイ(僕のカメレオン)と2ショットをどぞ笑 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です