スポーツ鍼灸について

こんにちは! 今日は当院で行っている鍼灸治療について少しお伝えしますね(^^)/

皆さん「鍼!」って聞くとやっぱり少し怖い印象ありますか?笑  まぁ注射とか子供の頃から嫌な印象を持つのでそういう人は多いかもしれませんね( ̄▽ ̄;)

しかしですね。鍼灸治療は体のケガや様々な慢性疾患などの不調に非常に効果が高いんです(^^)/

当院で主に行っている「スポーツ鍼灸治療」は特にスポーツ競技で負傷したケガはもちろん、予防医学やケアコンデョニングの一つのツールとして多くのアスリートに受けてもらっています。

下の写真は肩甲骨周りについている僧帽筋(そうぼうきん)、菱形筋(りょうけいきん)、棘下筋(きょっかきん)、小円筋(しょうえんきん)といわれる筋肉への鍼灸アプローチです。

肩甲骨の動きの悪さは、運動パフォーマンスへの悪影響が強いことはスポーツをしていない人でもなんとなく理解できると思います(>_<) 仕事ばかりの人に多い肩こりの原因でもありますから笑

下の治療はあるプロレスラーの方の左膝の外側半月板(がいそくはんげつばん)、外側側副靭帯(がいそくそくふくじんたい)の治療です。

かなりアクロバティックな空中技を使う方で、着地の際に負傷したのですが歩行も困難な状態から何とか次の試合まで治療を行うことで間に合って出場することが出来ました(^^

当院では一般アスリートの方だけでなく、多くの中高生の部活動の子も治療を受けています。

下の画像は高校生の女子バレーボールの大会中に足首を強くひねり、強いくるぶしの骨挫傷(こつざしょう)と足関節捻挫の治療を同時に行っています。

また、スポーツ鍼灸は実際の大会現場や出張でのトレーナー帯同の時にもケアーの一環として使用するので場所を選ばすに効果の高い治療を行えるので、スポーツの世界で非常に貢献するんです(*^^)

下は首里高校男子バスケットボール部のトレーナー帯同での鍼灸治療です(^^)/

鍼灸治療は様々なシーンで行うことが出来るし、即効性の期待できる治療法として近年注目が集まってきています。

その効果がもっと認知されて広まってくれたらと思います(^^

鍼灸治療の事でご相談ありましたらお気軽にご相談ください。 お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です