スポーツ競技の土台作り

こんにちは!だんだんと日中の気温の高さが増してきていますね!  暑いです笑

今日は中学を卒業して高校に進学する前にトレーニングに来てくれている子達に指導をしていましたが。

高校や一般になると、急激にパフォーマンスのレベルが高くなります。

中学まではフィジカルや運動能力でカバーできていても、体格差が大きく影響を受ける高校では更なるステップアップのために必要な「土台」を固めなくてはいけないです。

それはまず体を構成する「栄養素」はまず絶対条件。そして運動の部分ではいわゆる体幹といわれるものや、アジリティとよばれる俊敏性や総合的なフィジカルの事を主に差しますが、その土台を支える「筋力」は非常に大切です。

今日はジャンプ動作に必要な筋群とその動作の身体の使い方、そして意識することをみっちりトレーニングしました!

きつかったですね笑 暑かったから僕も汗だくでした笑笑

よく頑張ってます(^^)/

これから高校での戦いに向けてしっかり土台作りをして準備をしていかなくてはいけないです。それはもちろんケガの予防という意味でもとっても重要な事 ^^)

この子達のためにも将来的なことも含めて、大切な土台となる栄養素や筋力、運動動作の事はたくさん伝えていかなくてはいけないと思いました。

さぁ新年度は目の前! 楽しみですね~!!

以上 那覇市首里大名町のまほろば鍼灸整骨院 院長の濱田でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です